フレンチブルドック ブリーダー ブックマーク登録 フレンチブルドック ブリーダー ブックマークに登録

フレンチブルドッグの子犬の情報をリアルタイムに確認出来ます。

フレンチブルドッグのブリーダー Barce(バルサ) 商品購入ガイドフレンチブルドッグのブリーダー Barce(バルサ) 子犬情報 フレンチブルドッグのブリーダー Barce(バルサ)のオモイ Barce1(バルサ)の電話番号・メール)
Barce(バルサ)

〒812-0024 
福岡県福岡市博多区綱場町
4-15 サン21 3F
フリーダイヤル092-401-8520
営業時間 : 11:00〜17:00
定休日 : 土・日・祝日
e-mail :dogbarce@f-breeder.jp

☆犬ヲタ免許証★発行中!!犬ヲタ免許証
愛犬家の皆さん、フレンチブルドッグ専門店が無料で犬ヲタ免許証を発行します!
 
◎フレンチブルドッグ クイズフレンチブルドッグ クイズ
◎これからフレンチブルドッグと共に暮らす方は、知識を測るモノサシとしてすでに暮らしている方は復習・ゲームとして是非、楽しんでください。
 
 
 
 


フレンチブルドッグ購入ガイド〜子犬を飼う前に必要なもの〜

バルサよりお客様へ 必要なもの 必要なもの 必要なもの 必要なもの 必要なもの 必要なもの 必要なもの 必要なもの必要なもの
バルサよりお客様へ

point 1

犬は、本当に可愛い生き物です。

しかし、可愛いだけでは飼うというのはよくありません。
ペットショップで一目ぼれをして、可愛いからと飼ってしまった… でも、可愛いだけでは飼えません。
後々後悔するのは、人間ですが、不幸になるのは、犬なんです。
犬を飼うという事は、子供を育てる。新しい家族を迎えるということなんです。
犬を買うのではありません。よく犬を買うと言っている人がいますが、それは、間違いです。

買うのではなく、一緒に生きていくのです。そこを、間違えてはダメです。

物ではありません、動くきますし、食べますし、ウンチもオシッコもしますし、病気になったら、病院に行かなくてはなりません。 生半可な覚悟では、後悔するのが目に見えています。


※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから
point 1

犬が好きだと言っておきながら、犬や動物を虐待する人が最近増えております。
きっと、人間の虐待よりも多いのではないでしようか?
犬との信頼関係を築くには、愛情を与えることが一番の近道なのです。

ですが、飼い主のイライラや、何か上手く行かなかったとき、また犬が言うことを聞かなかったりすると、
叩いたり、ときにはもっと酷なことをしたり、これでも飼い主なのか?という人がいます。

しかし、犬は物ではありません。飼い主の都合のいいときに叩かれて、都合のいいときに撫でられるための動物ではありません。 物ではなく、生き物であり家族だということを自覚する必要があります。


※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから
point 1

犬には、愛情を与えることが一番大切で大事な事です。
愛情を与えないと、ストレスになってしまいます。
犬を飼ったら、家族として接してあげられる時間はきちんと、ありますか?
一人暮らしで飼っている人もいらっしゃいますが、1日中、誰か家にいて犬と接してあげられるほうが、犬にとっては一番良いです。

1日中、家を留守にして、犬を一人ぼっちにしてしまうと、それは、犬にとって大変大きなストレスになります。
それが原因でストレスや分離不安になり、留守中に狂ったように吠えたり、自分の足を噛んだり、円形脱毛症になったり、何かしら、症状が出てきます。

出来れば、そんな負担は犬にかけてほしくないですね。
十分な愛情を与えることで、ストレスや分離不安から、逃れることは出来ますが、1日一緒にいることが一番理想です。

※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから
point 1

犬は、人間と同じようにエサを食べます。
子犬は、朝昼晩。成犬は、朝昼。毎日、ご飯をたべますのでその費用が必要になります。
そして、人間と同じように病気もします。骨折をしたら、レントゲン、手術など、人間がカゼを引くように、犬も病気をするのです。

そんなとき、お金が無かったら、犬の治療は出来ませんよね。それじゃあ、困ります。
いつどんな病気をするかなんて、誰にも分かりません。 いつでも大丈夫なように、経済的な余裕があるほうがいいです。
毎年の狂犬病予防接種、ワクチン、フィラリアは、必ず、飼い主がしなくてはなりません。

※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから
point 1

犬も人間も、いつか別れがあります。

見送らなくてはならない日が必ずやって来ます。
犬を飼ったら、いつか別れがきます。そして、飼い主はそれを見送らなくてはなりません。
どんな形か分かりません。不注意で、交通事故で、病気で、老衰で、どんな形であれ、見送らなくてはならないということ。

そんな経験、誰もしたくないですよね。愛しすぎて、大切すぎて、受け入れられなくて、ペットロスになってしまう人もいます。

アメリカで、子供のいない老夫婦が雑種の犬を飼っていて、老衰で死んでしまい、犬を供養して、
お別れパーティーもした後に夫婦が自殺をしたというニュースもありました。
遺書には、犬を追って逝くと。そのぐらい、愛しすぎてしまうと、振り切ることが出来なくなってしまいます。
悲しいことばかりを考えてはダメですが、いつか来るということも心の隅に置いておく必要もあります。

※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから
point 1

居住のルールが守れていない飼い主が最近増えているようです。そんな人にならないようにしましょう。
まず、犬は飼育許可を得た場所でないと飼えません。
ですが、今は犬が許可されていない場所でも、犬を無断あるいは隠して飼っている人が多すぎます。
ちゃんと、許可のあるところで飼育をしましょう。契約違反と認められると最悪の場合、強制退去又は犬を処分ということになりかねません。

ヒソヒソ暮らしても、犬は幸せではありません。
まずは、犬の飼育許可されているマンション、アパート、一軒家に住みましょう。


※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから
point 1

犬は、約15年から16年生きると言われています。
その間、犬と飼い主は一緒に暮らしていくことになります。

あなたは、15年後何をしていますか?

出張で海外に。結婚して、家を出る。
留学のために家を出る。生きていますか?
ちゃんと15年後のことも考えて犬を飼ってあげてくださいね。
犬が15年後、路頭に迷うようなことが無いように、計画を立てることも重要です。


※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから
point 1

まず、犬を飼うのに、犬アレルギーの人は、なるべく避けるようにしてください。
アレルギーは、酷いもので、死に至る場合もあるようなので、しっかりと考慮してください。
また、結婚をすることになったら相手が犬アレルギーかも、重要になってきます。
飼い主が妊娠をした際、子供を産んでから、あなたの子供がアレルギーだということもよくあるので、そうゆうことも考えないといけないですね。


※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから
point 1

犬は、人間の妊娠と出産によくないといわれています。
よく、妊娠がわかったので、犬の里親を募集しますというのを目にします。
飼い主が女性であれば、そうなるケースも多いようです 犬は、一般的には妊婦に良くないと言われているので、
身内の方から手放せといわれることも多いようです。そんなとき、どうゆう行動を取るかも重要になってきます。
自分の親に預かってもらうという人もいれば、里親を探すという人もいます。
また、自分は妊娠、出産と不安なときも犬がそばにいてくれた。だから、これからも飼い続けるという人もいます。
どれを選ぶかも、人それぞれですが、犬のことも考えてあげた選択をしましょう。


※子犬のお届けは、ご入金の確認後になりますのでご了承ください。
※お問い合わせの先着順となりますのでご予約が入りましたら
ご案内はSTOP致しますのでご了承ください。

フレンチブルドッグの見学

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP






 

 

フレンチブルドッグ専門店 Barce(バルサ)がお薦めする子犬情報はこちらから





 



 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲PAGETOP

フレンチブルドッグ専門店 ブリーダー 子犬(仔犬)販売 Barce福岡仕出し・弁当組合